top
 
 
Manual creation スタッフマニュアル作成
 
本来マニュアルとは、指導者がいなくても仕事が回るようにするものであり、適宜、改善や更新がされていくべきものです。指導係が新人や部下などの指導やサポートに時間を取られず、自分の仕事に集中できるようにするためにもマニュアルを作る必要があるのです。マニュアルを用意しておくことで、多くの社員は指導係がいなくても、仕事のやり方を学ぶことができます。そうして、どうしてもわからない点だけを指導係に聞く状況になれば、効率的に仕事を進めることができるでしょう。マニュアルがあれば、業務の最中に作業手順などで迷ったり悩んだりするリスクが大幅に軽減され、結果として、作業時間の短縮につながります。また、新入社員への指導や業務の引き継ぎの際にも活用できるため、教育時間の短縮にも大きな効果を発揮します。マニュアルで業務に必要なステップを一つひとつ明記し、着実にこなせるようにしておくことで、作業の抜けや従業員ごとのレベル感のばらつきを減らすことができます。それによって、仕事の品質が安定し、後から作業の抜けやもれなどを修正する手間も省くことができます。そして、個人依存のリスクも軽減できます。その業務をこなせる唯一の人材が休んだり、突然退職してしまったりした場合でも、マニュアルを整備しておけば、個人依存・属人化のリスクをなくすことができるでしょう。「この業務内容は担当者しか知らない」「あの社員にしか作業できない仕事」といった、個人に依存した業務が社内に潜んでいることもあります。マニュアルは、そうした業務を減らすことにも役立ちます。マニュアル作成の目的や必要性は、その職場での業務が自律的に行われていくことにあります。そのため、マニュアルは、「絶対のものではない」ということを念頭に置いておくことが大切です。サロンコンセプトへの理解、およびスタッフの作業の流れ等を説明したマニュアルを作成し、スタッフ研修を行う際にご活用ください。
 
 
 
お問い合わせ
 
 
 
  090-8597-8182
 
 
 
Copyright by Crazy Stupid Genius 2019