top
 
 
Marketing マーケティング
 

マーケティングとは、「企業がお客様に届けたい製品やサービスを、欲しいと思っているお客様の場所に的確に届けるためのプランを練り、実行すること」を指しています。これを実行するための調査や市場の環境分析のプロセスも含まれています。多くのマーケティングの最終的な目標は、この活動を通して製品やサービスの売上を拡大することにあります。

事例をご紹介します。スターバックスは、マーケティング活動の成功事例としてさまざまなメディアで取り上げられている常連企業です。決して安いとは言えない価格ですが、多くの消費者に愛され続けているのはなぜでしょうか?この理由は、マーケティング戦略にあります。スターバックスは、創業当時、「豆や製法にこだわった美味しいコーヒー」を提供したいと考えました。豆や製法にこだわった美味しいコーヒーは原価がかかるため、安くは提供できません。しかし、高くても美味しいコーヒーを飲みたいと思うお客様に届けるためのマーケティング戦略を考えます。

まず、それなりの価格でも抵抗なく支払えるターゲット層を設定します。スターバックスは、「都心で働くある一定の年収額を超えるオフィスワーカー」に販売することをイメージしました。そんなオフィスワーカーは、どんなコーヒーショップを求めているでしょうか?スターバックスの答えは、「仕事の合間や仕事帰りにふと立ち寄れ、美味しいコーヒーで一息つける快適でクリエイティブな空間」でした。音楽や家具、お店の雰囲気で環境を作り上げ、実現しました。これが、今でも継続してスターバックスの強みとなっている「家庭でも職場でもない第三の場所」というコンセプトです。

次は、店舗の場所を考えます。どこであればオフィスワーカーは立ち寄りやすいか?お店は仕事の行き帰りに立ち寄れる駅やオフィス街の中に設置し、オフィスワーカーが立ち寄りやすい場所が選ばれました。丸の内や六本木の外資系金融が入居する主要なビルの一階もしくは地下には必ずスターバックスが入っていますね。

次に、スターバックスの認知度を高める必要がありました。スターバックスはここで独自の方法を選択します。スターバックスらしいちょっと高級感あるイメージを損なわないように、いわゆる大衆的な広告を出さないことに決めました。その代わりに、季節や国別の限定商品を販売し、プロモーション活動を行っています。

これらのマーケティング活動によって、スターバックスは市場における優位性を確立することに成功しました。高価格帯であっても、それにターゲット層が価値を感じれれば、売上を上げることが可能であるというマーケティング活動の事例です。

企業様の方針に沿って、立地の客層調査、他店舗の技術水準、他店舗のサービス水準などを調査し報告します。客単価や集客人数についての仮説を導き、売上獲得のための対策を提案します。
※他店舗調査費用実費別途
※交通費実費別途

 
 
 
お問い合わせ
 
 
 
  090-8597-8182
 
 
 
Copyright by Crazy Stupid Genius 2019